エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

新しい時代に相応した事業を展開し発展へ

一般社団法人日本医療・美容研究協会
理事長
大久保 滋

神奈川県横浜市西区平沼1-1-3 オーシャンビル5F
http://www.jmb.or.jp/

明けましておめでとうございます。旧年中は当協会の活動に関して多くの皆様のご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、令和二年がスタートしましたが、業界を取り巻く環境は依然として厳しいものがあります。新サービス・ヒット製品もなく、法的規制、人手不足、低価格路線など明るい話は出てきません。

一方では東南アジア諸国の経済発展に伴い中国を始めベトナム、インドネシア、マレーシアなどの消費水準が飛躍的に伸び、訪日観光客数も昨年9月で2千4百万人を超え、オリンピックを開催する今年はさらに増加が予想されています。

インバウンドビジネスも本格的になっています。インターネットの普及で今やマーケットに国境も人種もありません。中国の大手通販サイトは一日の売り上げが4兆円を超えている。この傾向は日本も同じで、流通各社もどうやって来店してもらうかアイデアを競っています。我々美容業界、特にエステティックはサロンに来てもらうサービス、アイデアを真剣に追求する必要があります。

海外への商品発送も大体1週間内には到着する時代、ネット販売も、より積極的に展開する必要があります。今やマーケットに国境も人種もなく、AIが導入され、ロボットがサービスを提供する時代に踏み込んでいます。

私たちJMBは皆様とともにこの新しい時代に相応した協会の事業を展開し発展してまいります。本年もよろしくお願いいたします。

次の記事を読む