エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

振興協議会がセルフ脱毛、セルフエステに注意喚起

一般社団法人日本エステティック振興協議会(東京都台東区、理事長 滝川晃一)は、2019年7月26日(金)「セルフ脱毛」「セルフエステ」に関する注意喚起を発表した。

<注意喚起より抜粋>
2009年9月17日に当振興協議会の構成団体の各理事長に、「セルフ脱毛」を行なわないように注意喚起して約10年が経過し、その間、各団体の会員各位は、この通知に沿った対応が行なわれてまいりましたが、近時「セルフ脱毛」の他エステティックサロン経営の一助となると新たに「セルフエステ」も登場いたしました。

一般社団法人日本エステティック振興協議会の構成団体であります、一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティック工業会は、業界健全化に向け鋭意努力しておりますが、
この指針を覆す行為が再発致しましたことは誠に遺憾であります。ご高承おとおり、エステティックサロンで使用する機器は、家庭用の機器と異なり、十分な基礎学を履修し、正しい使用方法、メンテナンス知識をもつエステティシャンが使用して初めて消費者に満足のゆくエステティックサービスを提供できるものです。

「セルフ・・・」は、基礎知識をご存じない多くの消費者の自己責任であることを押し付けて行なう
「セルフ・・・」は、当振興協議会では、容認できる事案ではありません。

●詳細掲載サイト
『セルフ脱毛』、『セルフエステ』に関する注意/

次の記事を読む