エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

グローバルセラピスト協会が設立パーティーを開催

一般社団法人日本グローバルセラピスト協会(東京都千代田区、理事長 笠原道代)は、2019年9月同協会を設立。同年10月30日(水)、恵比寿イーストギャラリーにて業界関係者を招いた「設立パーティ」を開催した。

同協会は、「美容と健康で世界をつなぎ、その技術で創る美の可能性は無限に広がる」をコンセプトに、日本独自のおもてなしでセラピストがグローバルに活躍できるよう、世界と日本のエステティシャンをつなぐ機関。

笠原理事長のもとには、東南アジアや中国などから「スキンケアに関する講習会を開いてほしい」「サロンで日本のマナーを教えてほしい」など、日本人から直接“おもてなし”を習いたいという要望がたくさん寄せられたという。

笠原道代 理事長

開会のあいさつの中で笠原理事長は「講習会のほかにも、ベトナムの大学から『セラピスト課を作りたい』と連絡があり、ベトナムまで打ち合わせに伺ったこともあります。このような経験から日本のおもてなし技術を形にし、外につないでいでいきたいと考えるようになりました」と、協会を設立するに至ったエピソードを紹介。

協会では、今後のとして日本の接遇、カウンセリング、教育システムを使いアジアを中心とした各国の教育システム確立をサポートすること、また、学生サポート・国を超えたカンファレンスや交流会の企画などを計画。

また、「中国やベトナムでは、日本人のセラピストを募りたいというご要望が多いため、紹介できる仕組みを整えていきたいと思います。まだ立ち上げたばかりの協会ですので、先輩方や皆様のお力をお借りして成長したい」と、協会活動への協力を呼びかけた。

設立パーティーでは、雑誌やテレビなどのメディアでも活躍するメイクアップアーティスト 名取瞳氏による「秋冬トレンドメイク」のデモンストレーションや、海外でも活躍するバイオリニスト牧野順也氏によるバイオリン演奏、美容家 権貴南氏による韓国美容情報発信など盛りだくさんの内容で、来場者も交流を深めていた。

メイクアップアーティスト 名取瞳氏(左)による秋冬トレンドメイクセミナー
バイオリニスト 牧野順也氏
韓国美容情報発信(写真右:特別ゲスト 韓国スーパーモデルEunjin KWONさん)

協会では現在、新規会員を募集中。将来、海外で働いてみたい・学んでみたいという方は入会してみてはいかがだろう。

●お問合せ先
一般社団法人日本グローバルセラピスト協会
TEL: 0120-240-220
https://www.jgt-n.com/

次の記事を読む