エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

エステサロン店舗の集計・報告業務を自動化 「Rev-Work エステサロン版」サービス開始

デジタルトランスフォーメーション事業などを手がける株式会社SiNCE(東京都港区/代表取締役社長:一筆太郎)は11月22日、完全成果報酬型の業務生産性向上支援サービス「Rev-Work エステサロン版」をリリースしたと発表した。

同サービスは「エステサロン自身で業務効率化に取り組むこと」を無くすことで、これまで行き詰まっていたエステサロン業界の業務効率化を一気に進める事を考えて構築された。基本的には、以下の3ステップで業務効率化を行う。

●現状の業務調査(棚卸し)
●新業務フロー作成(BPR)
●業務移管(TA化・RPA化・BPO化)※

※TA(テレワークアシスタント):オンライン上で依頼できるアシスタント、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション):人間がコンピューター上で行っている定型作業を、ロボットで自動化すること、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング):企業運営上の業務やビジネスプロセスを専門企業に外部委託すること

また、同サービスはエステサロンで時間を取られがちなタスクを、新しい業務フローを構築(BPR)し、タスクを「SiNCE RPAサービス」で自動化、「SiNCE TAサービス」で外部化することなどで、サロンの負荷を軽くする。具体的には、次のようなタスクを外部化する。

●流入別予約者数集計
●来店者数集計
●無断キャンセル者数集計
●入金種別集計
●新規売上集計
●解約者集計
●日報報告

なお、同サービスの費用は成功報酬型。Rev-Work導入により削減された時間と取り決め単価を元に費用を算出する。資料についてはhttps://since2020.jp/business/sgp/rev-work/からダウンロードできる。

次の記事を読む