エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ハイスペック女子の美容事情とは? 年収1,000万円以上の女性に調査

都度払い脱毛サロンを運営する株式会社パザパグループ(愛知県名古屋市/代表取締役:戸松由枝)は11月17日、年収1,000万円以上の女性1,009人を対象に行った、「ハイスペック女子の美容」に関する調査の結果を発表した。

質問はまず、「日頃美容に気を遣っていますか?」について尋ねた。その結果、「かなり気を遣っている(67.2%)」「そこまで気を遣っていない(32.8%)」という結果になった(図1,2)。

図1,2

あわせて美容に気を遣うようになったきっかけを聞くと次のような回答が寄せられた。

・社会人になって、人前に立つ仕事になり身なりをもっと気を付けなければと思ったから(20代/会社員/東京都)
・接客業だから(20代/公務員/東京都)
・年齢を重ねても綺麗でいたいから(30代/会社員/愛知県)
・自分のモチベーションを上げるため(40代/会社員/愛知県)

次に「いつ頃から美容に気を遣うようになりましたか?」と質問したところ、「20代前半(31.7%)」と回答した人が最も多く、次いで「10代から(31.4%)」「20代後半(16.4%)」「30代前半(11.4%)」「30代後半(4.9%)」「40歳を超えてから(4.2%)」と続いた。

続いて、「1か月にかける美容代を教えてください」と質問したところ、「5万円未満(39.8%)」「5万円~10万円未満(25.4%)」「10万円~20万円未満(19.5%)」「30万円~40万円未満(8.7%)」「40万円~50万円未満(2.4%)」「50万円以上(4.2%)」という結果になった(図3,4)。

図3,4

また、「具体的に何にお金をかけていますか?(複数回答可)」と質問したところ、「化粧品(59.8%)」と回答した方が最も多く、次いで「美容グッズ(美顔器など)(57.8%)」「エステサロン(49.0%)』と続いた。

さらに、自分だけの「スペシャルケア」について詳しく聞いたところ次のような声があった。

・美容皮膚科でのレーザー治療、医薬部外品のスキンケア(20代/会社員/大阪府)
・日焼け止め、顔を擦らない(30代/会社員/東京都)
・半身浴中にパックをしながら美顔器で肌のケア(30代/会社員/東京都)
・アイクリームたっぷり、目の周り、こめかみまでマッサージ(40代/会社員/大阪府)

そして美容のために「特にこれは欠かせない」と思うケアは何かについて尋ねたところ、「スキンケア(64.2%)」と回答した方が最も多く、次いで「脱毛(15.1%)」「ボディケア(9.6%)」「ヘアケア(8.4%)』と続いた(図5)。

図5

この結果について同社は、「スキンケアが特に必要だと思う方が6割以上いますが、脱毛も必要だという方も少なくないようです。顔のケアをするのも大事ですが、体の毛の処理も行うことでよりキレイになり、自信を持つことができるのかもしれません」と見解を述べている。

次の記事を読む