エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

2027年、世界のアンチエイジングデバイス市場は142億2000万米ドルへ 米調査会社が予測

米国の調査会社Emergen Researchは11月8日、世界のアンチエイジングデバイス市場が、2019年の74.9億米ドルから、2027年までに142億2000万米ドルに達すると評価し、予測期間を通じて8.3%のCAGR(年平均成長率)を記録すると予想した。

画像はイメージです

同社は市場成長の背景に次のようなものがあるとしている。

1:米国では、皮膚がんが主要な種類のがんであり、高度な治療法の採用が奨励されている。同時に女性の皮膚がんの発生を阻止するための高度な治療に対する高い需要がある。

2:日光への露出、日焼けブース、サンランプによる肌の問題により、アンチエイジングトリートメントやデバイスの需要が高まっている。

また、レポートの主なハイライトは次のとおりだ。

①2020年8月、Cutera Inc.は、皮膚リモデリングのための革新的で進歩的な技術であるFraxisPROの導入を発表した。このような技術の発売は、今後数年間で市場の成長を提供すると推定されている。

②超音波アンチエイジングデバイスのサブセグメントは、予測期間にわたってかなりの速度で拡大すると推定されている。この成長は、微小振動光波を放射する画期的な技術の展開の増加と相まって、デバイスの革新に起因している。

③脂肪吸引サブセグメントは、世界的に形成外科医による手術の採用が増加しているため、世界のアンチエイジングデバイス市場でかなりのシェアを保持すると推定される。

④地域的には、アジア太平洋地域は、地域内のより大きな顧客ベースの存在感が高まっているため、予測期間中に最も高い成長率で拡大すると推定されている。

なお、無料サンプルPDFコピーへのアクセスは、次のURLとなる。https://www.emergenresearch.com/request-sample/325

次の記事を読む