エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

顧客が施術料金を決める 京都のエステサロンが新サービスを開始

株式会社Vian(京都市北区/代表取締役CEO:若尾千尋)は11月5日、顧客が施術(エステティックサービス)を受けた後に価格を決められる「what’s the price?(WTP)」サービスを開始すると発表した。

サービスの対象となるのは、「ボディ体験コース」と「フェイシャル体験コース」。申込みは、ホットペッパービューティより行う。

顧客は施術体験後、満足度に応じた体験価格を決定し、料金を支払う。また体験後、本コースを希望の場合も、顧客にに価格を決めてもらう。

同社がこのサービスを導入した背景には、ホットペッパービューティーの調査で、初回来店時に66.9%が「金銭面の不安(料金体系が不明など)」、60.0%が「しつこい勧誘がないか」、59.1%が「期待する効果が得られるか?」と答えており、これらの不安が来店のハードルを引き上げていると推測したことがある。

そこで、もっと気軽にエステに行けるサービスとして「WTP」サービスを開始した。

そして、その趣旨について同社は「価格という価値観はお客様それぞれであることもあり、皆様に満足していただきたい、そして、私達のサービスを評価していただき、今後のサービスの改善に活かし、より質の高いサービス提供にも繋げたい考えです」と語っている。

なお、今回のサービスに付随して、同社はその売り上げの5%を「子ども食堂」に寄付を行う。

次の記事を読む