エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

美容に関する悩みは「シミ」が約2割、美容医療での解決は「10万円未満」が8割以上

再生医療支援事業などを手がける株式会社セルバンク(東京都中央区/代表取締役:北條元治)は10月21日、20歳以上の女性100名に対して実施した「美容医療に関するアンケート」の調査結果を発表した。

質問は、年齢や職業などを聞いた後、「美容に関して特に気になる悩みはありまか」(複数回答)と尋ねた。その結果、「しみ」19.9%、「乾燥、かさつき」17.1%、「毛穴」が14.7%、「しわ」10.6%という回答となった(図1)。

図1

そこで、「気になる悩みに対して美容医療を受けたことはありますか」 と質問したところ、「ある」が12.0%、「ない」が88% という結果となった(図2)。

図2

続いて「今後試してみたいと思う、興味のある美容医療がありましたら教えてください」(複数選択)と聞いたところ、「シミ取り治療」が30.1%、「レーザー治療」が17.3%、「ヒアルロン酸注入治療」が16.7%、「肌の再生医療による治療」が10.9%となった(図3)。

図3

また、「現在の悩みが解決できる美容医療についていくらまでなら費用負担しますか」 と質問したところ、「10万円未満」が85%、「10万円以上 30万円未満」が13%、「30万円以上 50万円未満」が2%という結果となった(図4)。

図4

そして「近年、自分の細胞を使用して肌のしわやたるみなど、老化によっておこる肌悩みに関する治療として、再生医療が注目されつつあります。もし将来的に機会があれば、利用してみたいと思いますか」と質問したところ、「非常に思う」が18%、「やや思う」が55%、「あまり思わない」が26%、「全く思わない」が1%という回答となった(図5)。

図5

次の記事を読む