エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

約8割が家庭用脱毛器の効果を実感 男女300人に調査

株式会社PLAN-B(東京本社:東京都品川区/代表取締役:鳥居本 真徳)が運営するメディア「エラベル」は10月13日、家庭用脱毛器を一度でも使用したことのある男女300人を対象に実施した「家庭用脱毛器」に関するアンケート調査の結果を発表した。

質問はまず、家庭用脱毛器を使う部位や箇所について尋ねた。その結果、「脚」が249人で最多、続いて「腕」231人、「脇」195人の順となった(グラフ1)。

グラフ1

この「脚」については女性の回答者が82.0%を占めた。

続いて、家庭用脱毛器の効果について聞いたところ、「どちらかと言うと効果があった」が最多の136人(45.3%)、続いて「効果があった」が107人(35.7%)、「どちらとも言えない」が44人(14.7%)、「効果がなかった」が13人(4.3%)となった(グラフ2)。

グラフ2

このうち「効果があった」と回答した人のコメントとしては次のようなものがあった。

・「ほとんどの部位で毛が生えてこなくなったのを実感しているから」(女性 / その他)
・「使い続けていると生えてこない部分や、毛の生えてくるスピードが遅くなってくるので効果は抜群です。毛自体の質感も変わってきて、硬くチクチクしていた毛が、細く柔らかさのある毛質に変わってきました」(女性 / 主婦)
・「4カ月ほど髭に対して使用していると徐々に薄くなり、1年後には髭剃りが不要なレベルまで効果が現れたから」(男性 / 会社員)

また、「どちらかと言うと効果があった」と回答した人のコメントとしては次のようなものがあった。

・「腕、脚は5回照射しただけでまばらに生えるようになった。指の毛は5回ほどでほぼ生えなくなった。背中やうなじは家族に手伝ってもらったが、びくともしない。効果のある部分とない部分、差がある」(女性 / アルバイト)
・「剃刀で剃っていたころは毎日チクチクと太い毛が生えて処理が苦痛でしたが、剃らなければいけない間隔があいてきたと感じるので」(女性 / 会社員)
・「使い続けているうちに毛が薄くなることを実感できたので、効果はあったと思うが想像していた脱毛のレベルではなかった。女性向けと考えればこの程度かと思う」(男性 / 会社員)

そして「どちらとも言えない」と回答した人のコメントとしては次のようなものがあった。

・「効果があるときとないときがあるから。自分が使い方を分かりきってないせいかもしれないからどちらとも言えないです」(女性 / 無職)
・「脱毛というより除毛にすぎないためです」(女性 / 会社員)
・「脱毛後もしばらくするとまた毛が生えてきますし、毛が薄くなったり少なくなっている感じも特にないからです」(男性 / 自営業)

最後に、「効果がなかった」と回答した人のコメントとしては次のようなものがあった。

・「毛が薄くなら無い。むしろ若干濃くなった気がする」(女性 / 学生)
・「半年使用しましたが、効果がありませんでした。痛いしめんどくさくなり、妊娠したのもあってやめてしまいました」(女性 / 主婦)
・「脱毛サロンと比べると効果がないに等しい程度でした。照射をしても毛が薄くなるということはありませんでした」(男性 / 会社員)

今回の調査結果について「エラベル」は、「家庭用脱毛器は脱毛サロンの永久脱毛のようにまったく毛が生えてこなくなるというものではありませんが、今回のアンケートで『どちらかと言うと効果があった』『効果があった』と回答した人が81.0%いることを考えれば、場所によっては毛量を減らすことができたり、毛が生えているのを目立たなくする効果はあるようです」とコメントしている。

なお、調査の詳細な結果については、https://elabel.plan-b.co.jp/epilation/4039/の「家庭用脱毛器って本当に効果ある?」で見ることができる。

次の記事を読む