エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

コーセー、顔写真から「未来のシワレベルを予測」するWEBサービスを開始

株式会社コーセー(東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は10月11日、現在の肌の状態と年齢から将来のシワ状態を予測する数理モデルを応用した、顔写真から「未来のシワレベルを予測」するWEBサービスを開発し、翌12日より展開を開始すると発表した。

この数理モデルは、、22才から60才のコーセー研究所に所属する日本人女性48名を対象に、7年間にわたり毎年取得した肌データを用いて行った、シワ予測モデルの研究・開発の結果導き出されたもの。

具体的な研究方法としては、対象女性から取得したデータを、まず、目尻のシワの目視評価値(シワレベル)と、肌の状態の指標となる測定値(水分量、経皮水分蒸散量、皮脂量、肌色の明るさ、肌色の赤み、肌色の黄み)に分類した。

次に、初期検討において、シワレベルと年齢の間に強い相関関係と大きな個人差が認められたことから、予測モデルの開発には、さまざまな要因に対して個人差があるとして、その影響を調整することができる「マルチレベルモデル」を用いた分析法を採用して計測を行った。

そして各測定値との関連を複合的に分析したところ、最終的に年齢、肌色の明るさ、肌の赤み、皮脂量の4要素によって将来のシワレベルを予測することができることを突き止めた(詳細/https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2021/02/2021022502.pdf

今回のWebサービスは、そのモデルに基づき開発されたデジタルツールを用い、「皮脂量」「年齢」に関する質問と、スマートフォンやタブレットで撮影した顔写真の画像から、「今日」、「5年後」、「10年後」の3つの時間軸で「未来のシワレベルを予測」できるというものだ。

また、これら3つの時間軸におけるシワレベルは0~7で予測し、予測と同じレベルのシワイメージを表示する。さらに、将来のシワ発生リスクを6段階で分析し、4つの肌タイプに分けて表示する。これらの結果に基づき、最後に、今からできる最適なお手入れ方法を提案する。

なお、このサービスは同社商品の「インフィニティ」、「ONE BY KOSE」、「ルシェリ」、「エスプリーク」のデジタルカウンセリングツール「KOSE HADA mite」(WEBサービス)内のコンテンツ「未来のシワチェック」として展開する。

次の記事を読む