エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

JAC サロン賠償責任保険のしおりをリリース

一般社団法人日本エステティック評議会(JAC/東京都新宿区)は9月1日、「JACサロン賠償責任保険のしおり」をリリースしたことを発表した。

これは万が一のトラブルが起こった際の対応の流れや、補償内容も細かく記さたもので、ダウンロード形式で入手するもの。

その対象となる「JACサロン賠償責任保険」は、提供する美容サービスによって、利用者に怪我をさせてしまった場合など、サロンを経営するにあたり想定されるトラブルからサポートするものだ。

また、サロン内で起こる施術以外のトラブルまで幅広く補償している。

対象となるのは、オールハンドによるリラクゼーションや、理美容院などの美容サービスを提供しているサロンで、痩身機器や各種美容機器(JAC認定商品)を使用のサロンも入会することができる(JACサロン賠償責任保険では脱毛サービスも補償対象となる)。

支払限度額は、対人事故1名につき1,000万円まで。対物は原因などにより異なり、50万円から3,000万円まで。いずれの場合も5,000から3万円の免責金額がある。

同保険の概要や詳細についてはhttps://jac-web.org/#insuranceで確認することができる。

次の記事を読む