エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ビタミンB3成分NMN×黒ウコン抽出物 長寿遺伝子活性可能性でウェビナー開催

化粧品のOEM製造・研究開発をてがける株式会社トキワ(東京都北区/代表取締役:日比野仁美)は、9月29日16時から「NMNとの相乗効果!“サーチュイン活性”なら、tokiwaの『サートマックス』」の追加公演をウェビナーで開講する。

これは同社の血糖改善素材「サートマックス」(黒ウコン抽出物)と、サーチュイン(長寿)遺伝子の活性化が期待されている成分「NMN」※の相乗効果について、「アンチエイジング」にフォーカスした内容で紹介するものだ。

黒ウコン

プレゼンターは、株式会社常磐植物化学研究所営業部のソン氏。聴講は無料でZoomによるオンライン形式となる。事前登録が必須で、定員は100名。事前登録は、https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_K0KHsw-iRjWpqtxkGjOsPgから行う。

なお、第17回となる今回は、定員に達してしまった第16回と同内容での追加講演となる。

※ビタミンB3の中に含まれる成分のひとつで正式名称は「ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド」 。ヒトやあらゆる生物に存在し体内で自然に生成されている物質だが、年齢とともに減少することで、様々な体調面の変化を感じられる様になると考えれられている。

次の記事を読む