エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

宮城県 仙台市内のエステティック・ネイルサロンに時短協力金

宮城県は8月20日、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の措置区域となった仙台市全域の大規模施設などでネイルサロン・エステティック業などを行う店舗に対して「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【大規模施設等】」を支給すると発表した。

支給の条件は、9月13日までの間、午前5時から午後8時までの営業時間短縮を行うこと。業種別のガイドラインを遵守するなど感染防止対策を実施のうえ、宮城県ホームページから申請し取得した「新型コロナ対策実施中」ポスターを掲示することなどだ。

支給額は、大規模施設内テナントの場合、100平方メートル毎に2万円/日。ただし、支給金額の詳細や加算措置については,詳細が決まり次第順次ホームページに追加する。

この協力金に関しては宮城県のホームページのうち、https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukensui/largefacilities.htmlで閲覧することができる。

次の記事を読む