エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

「ムダ毛であきらめた服がある」に8割の女性がYes 美容皮膚科がアンケート調査

医療法人FONSが運営する美容皮膚科のASERAクリニック(アセラクリニック/大阪市北区/院長:福田智一)」は7月27日、10代~40代女性267名を対象にしたムダ毛とファッションの悩みについてのアンケート結果を公表した。

同アンケートのうち、ムダ毛とファッションの関係を示すのが「ムダ毛が理由で諦めた服はありますか?」という設問。

これについては216人(80.9%)が「はい」と回答、「いいえ」の51人(19.1%)を圧倒的に上回った。

次に「どのような服を諦めましたか?(複数回答)」については、「ノースリーブ/146人」「背中開きトップス/81人」「水着/58人」がトップ3。以下、「キャミソール/32人」「タンクトップ/31人」「ショートパンツ/25人」「ミニスカート/24人」「オフショルダー/16人」「シースルー素材の服/6人」「ショート丈トップス/5人」「スリットスカート/4人」「ダメージジーンズ/1人」の順となっている。

また、同調査は脱毛に関して幅広い設問を用意して回答を募った。そのうち「脱毛以外に気になる美容メニューがあれば教えてください」については、「ダーマペン/66人」「ヒアルロン酸注射/51人」「フォトフェイシャル/35人」がトップ3となった。

以下、「ボトックス注射/27人」「ダイエット注射/26人」「ヴェルヴェットスキン/1人」の順位となり、その他として「美容針」「糸リフト」「薄毛治療」をあげた女性がひとりずついた。

このアンケート調査の結果についてはhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000082451.htmlで公開している。

次の記事を読む