エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

20代初めての脱毛に半分以上が後悔あり 医療脱毛とエステ脱毛で不満の差も

聖心美容クリニック(東京都港区/統括院長:鎌倉達郎)とその姉妹クリニックのS-Labo(エスラボ)クリニック(東京都渋谷区/統括院長:鎌倉達郎)は7月1日、女性を対象とした「初めての脱毛」に関する実態調査の結果を発表した。

これによると、20代の脱毛経験者のうち、契約時の年齢は成人となる20歳が一番多く31.9%、次いで22歳16.0%、21歳が14.0%となった。年齢順で累計すると24歳までに81.7%の女性が契約していることが明らかになった。

またエステ脱毛を契約した女性の7割以上が「後悔がある」と回答したなど、脱毛に関して顕著な結果が見られた。

次に初めての脱毛コース契約では、医療脱毛よりもエステ脱毛を選ばれる方が多い結果となったことがわかった。
同調査の推定によると、医療脱毛ではレーザー脱毛が主流なのに対し、エステ脱毛ではより刺激がマイルドなIPL(光)脱毛が主流であることがその理由ではないかとしている。

一方、エステ契約後になんらかの後悔があるとした女性の割合は、医療脱毛契約者は52.5%だったのに対し、エステ脱毛契約者は74.4%となった。
ただし、どちらについても半数以上が「後悔がある」との回答であった。

なお、この調査に関する全文はhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000043191.htmlで閲覧することができる。

次の記事を読む