エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

パナソニックの導入美顔器 VOCEが「スキンケアをエステ級に格上げ」と激賞

女性向け月刊美容雑誌「VOCE」(講談社)は7月13日、「美容メディア『VOCE』公式サイト」において、パナソニックの導入美顔器「イオンエフェクター〈高浸透タイプ〉EH-ST98」が、VOCE的ベスト美容家電のフェイストリートメント部門で1位となったと発表した。

「VOCE」はこの製品について「スキンケアをエステ級に格上げする!」と高い評価を与えている。
同時に「手塗りでは味わえない浸透感を実現する名作導入美顔器の最上位機種。保湿成分とビタミンCを一度で浸透させるマルチモードも含め、保湿から引き締めまで6つのモードを搭載。手持ちの化粧品を使えるのも手軽でうれしい」とも解説している。

同サイトの「美容家電ベスコス2021」は、この【フェイストリートメント部門】と【オーラルケア部門】【スカルプケア部門】【脱毛ギア部門】【ボディケア部門】【ヘアアイロン部門】で構成されている。

パナソニックの美容家電が1位を取った【フェイストリートメント部門】は、「美容成分の導入や毛穴のクレンジングなど、肌質感にアプローチする高性能な美顔器も話題。エステのようなケアを自宅で楽しもう」とする趣旨のものだ。

ちなみに第2位はベレガのセルキュア4Tプラス、第3位はコスビューティーのアクリアルピーリングプロEXがランクインしている。

なお2020年の美容家電ベスコスは、上半期と下半期に分かれていた他、部門の種類も多少相違がある。

次の記事を読む