エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ホームエステマシンのサブスク登場 レンタル12ヶ月経過後は自分のものに

美容健康機器の開発・製造と卸売りを手がける株式会社ユニッシュ(大阪市中央区/代表取締役:中西博文)は7月1日、自社が開発した高品質ホームエステマシンを定額でレンタルできるサービス「アーバン ビューティー レンタル」を同日より開始すると発表した。

同社のホームエステマシンは、エステサロン向けの同社業務用マシンと同技術に基づき開発されたものであり、複数の特許をもった製品であることが特徴となっている。

同社が想定しているユーザー層は、仕事や子育てで多忙な女性。さらにコロナ禍による「巣ごもり需要」の女性も対象としている。

レンタル期間は、1ヶ月コースと3ヶ月コースの2つから選択が可能。レンタルの継続は、12ヶ月までで、それ以降の月額請求は自動的に停止され、商品はユーザーの所有となる。ちなみに1ヶ月コースは、レンタル機器により税込4,950円~で、3ヶ月コースは税込7,150円~となる。

また今後の展望として同社は「アーバン ビューティー レンタル」を通して、忙しい日々を過ごす女性たちをサポートし、肌本来の美しさをよみがえらせ、引き締まったボディの実現をしっかりとサポートして行きたいとしている。

次の記事を読む