エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ビューティーガレージが、理美容室向け格安電力「BGでんき」開始 環境配慮の「グリーンでんき」も

株式会社ビューティーガレージ(東京都世田谷区)は2021年5月17日より、美容サロンを対象とした電力供給サービス「BGでんき」事業を開始した。
割引率が高い「スタンダードでんき」と、環境に配慮した「グリーンでんき」の2種類を提供する。

ドライヤーやエアコンにかかる電気代は、美容室にとって節約が難しい固定費。そこでビューティガレージは、電力供給会社の株式会社エネット(東京都港区)と提携し、格安価格の「BGでんき」を始めた。

割引率が高いBGでんき「スタンダードでんき」は、美容室の場合、試算では平均8~10%電気料金が安くなる。
電気の使用量が多いほど割引率が高くなるため、電気をたくさん使う美容室であれば、地域電力会社に比べて毎月の電気料金が割安になる。
全国180店舗の美容室を対象とした「スタンダードでんき」の料金シミュレーションでは、95%の美容室で従来に比べて電気料金が安くなるという結果が出た。

BGでんきの料金シミュレーション(特設サイトから引用)

再生可能エネルギーのBGでんき「グリーンでんき」は、再生可能エネルギーでつくった電気を利用、地球環境に配慮したプラン。太陽光や風力、バイオマス、水力、地熱などのFIT電気とFIT非化石証書を組み合わせ、実質的に再生可能エネルギーを提供する。

「グリーンでんき」の導入サロンには「グリーンでんき提供証明書」を発行する。店内に掲出したり、ホームページやSNSに掲載したりすることで、脱炭素社会へ向けた取り組みを行っているサロンであることをアピールでき、DGsに関する活動やクリーンブランドの発売などサステナビリティへ取り組むことができる。

尚、「BGでんき」に切り替えても、送電線や配電線は同じものを使うため、電気の品質は変わらず、停電が増えるということも無い。また、発電所を持たず買い付けに頼る新電力企業には倒産や価格高騰のリスクがあるが、「BGでんき」の提携先であるエネットは、NTTアノードエナジー・東京ガス・大阪ガスが共同出資する新電力のため、こうした心配も無いという。

特設サイトからオンラインで簡単に申し込むことができ、通常は工事不要で切り替えられる。電気メーターが古く、スマートメーターでない場合は工事が必要だが、その場合も工事費用は無料。
契約年数の縛りが無く、解約金もかからない。

割安な「BGでんき」だが、さらにお得な特典として、電気料金100円につき、1ポイント1円で使える「BGポイント」を0.5ポイント還元する。
ビューティガレージの提供するビジネスクレジットカード「サロン プロフェッショナル カード」で支払う場合は、2倍の1ポイントを還元と、よりお得になっている。

なお、6月20日までスタートキャンペーンを実施。申し込んだ全員に「BGポイント」3000円分をプレゼント。支払い方法を「サロン プロフェッショナル カード」にするとさらに1000円分、あわせて4000円分をプレゼントする。

BGでんき
■対象地域
沖縄・一部離島を除く日本全国
■対象サロン
ビューティガレージ会員サロン(個人事業主・法人ともに利用可能)
■特設サイト
BGでんき:https://denki.beautygarage.jp
グリーンでんき:https://denki.beautygarage.jp/green

〇問い合わせ
株式会社ビューティーガレージ
https://www.beautygarage.jp/

次の記事を読む