エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

韓国KASFが技術コンテストを開催、参加者を募集

韓国の美容産業のオーナーや社長、大学でエステティックを指導している指導者などが会員となる「韓国Beauty産業能力開発(略称:KASF)」は、2020年11月6日・7日の2日間、スワンコンベションセンターにて、『技術コンテスト』を開催する。

KASFは、未来のビジョンを共に共有しながら、ビューティーの教育・サロンオーナー交流のためのプラットホーム、また未来を担う世代ための協会として、2000年に立ちあげ今年で設立から20年となる。

今回開催される『技術コンテスト』は、”おもてなしテラピー”をテーマに、フェイシャル、ボディ背面のオリジナルマッサージまたはリンパマッサージを40分間で行ない1位を決定する。

エステティック以外にも、ドライヘッドスパ・ヘアスタイル・ビジュアルメイクアップ・ネイル・まつエクのコンテストを開催。過去行なわれた大会には、中国やタイ・香港など近隣の海外からも参加しているという。

今回は、新型コロナウイルス拡大防止としてZOOMにて開催するため日本からもより参加しやすく、場所も自社サロンでOK。また、学生・現役エステティシャンとも参加可能。大会の約1週間前に、ZOOMの動作テストを行なう。

審査は、態度・衛生管理・表情・技術の滑らかさおよびスムーズさ・タッチ・密着などをチェックし、登録している試験官が審査。最優秀賞・優秀賞・参加賞があり、それぞれディプロマと認定証が贈られる。さらに最優秀賞には、クリスタル製の豪華トロフィーが授与される。

参加費は、1競技15,000円、2競技は10,000円×2=20,000円と割引される。※別途、会員会費20,000円が必要

今年は、ZOOM開催のため時間や渡航費用も掛からず、ある意味チャンスの年。日本のエステティシャン代表として参加してみてはいかがだろう。

●お問合せ先
KASF日本支部
Email:credbio@gmail.com(担当:権基南)
https://www.facebook.com/Kasf2013
日本グローバルセラピスト協会
Email:jgtaso@gmail.com(担当:笠原)
https://www.jgt-n.com/

次の記事を読む