エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

『Japan Venture Awards 2021』募集開始

独立行政法人中小企業基盤整備機構(東京都港区、理事長 豊永厚志、略称 中小機構)は、2020年9月14日より、新たな事業の創出や市場開拓に挑む、有望なベンチャー起業家を表彰する『Japan Venture Awards (略称:JVA)2021』の募集を開始した。

JVAは、革新的かつ潜在能力の高い事業を行う志の高い起業家を表彰する制度。新事業創出や市場開拓に果敢に挑む優れたベンチャー企業の経営者を発掘し、経営者のロールモデルとして広く社会に周知を図るとともに、次世代を牽引するベンチャー経営者の育成を図ることを目的とし2000年よりスタート。
今年2月に行なわれた「JVA2020」には過去最多となる187件の応募があるなど、起業家の登竜門と言われ注目されている。

経営者の資質・成長性・革新性・社会性など、さまざまな観点から審査を行ない、受賞者は2021年3月1日 虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催予定の表彰式にて発表される。
応募締め切りは、今月29日まで。

<JVA2021 概要>
名称:Japan Venture Awards 2021
募集期間:2020年9月14日(月)~10月29日(木)
応募対象:創業後概ね15年以内であり、高い志を持ち、自立する中小企業等の経営者または代表者
表彰式:2021年3月1日(月) 虎ノ門ヒルズフォーラム
主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構

●詳細掲載ページ
Japan Venture Awards 2021 特設ページ
https://j-venture.smrj.go.jp/

次の記事を読む