エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

マレーシアのスパブランド「TANAMERA」が日本に本格上陸

マレーシアのスパコスメブランド「TANAMERA(タナメラ)」が、2020年9月1日より日本に本格上陸する。これに合わせ8月28日、日本総代理店である株式会社ビヨンクールは、美vace 舟津真里さんをゲストに迎え『TANAMERA EXHIBITION』を開催した。

舟津さんは、第4回エステティックグランプリ フェイシャル技術部門にてグランプリを獲得したエステティシャン。EXHIBITIONでは始めに舟津さんによるトークショーが行なわれた。
トークショーの中で舟津さんは、タナメラブランドとの出会いについて「スタッフの手荒れ」に関するエピソードを紹介した。

舟津さんは約7年前、マレーシアにてマレー式トラディショナルマッサージおよびタナメラスパの技術を学んだ。同じころ、重度の手荒れに悩むスタッフのため「何か良いオイルはないか」と探していたという。

しかし、元々オイルマッサージの文化がない日本では、なかなか良いオイルには出会わなかった。マレーシアから帰国後、マレー独自の技術と共に、タナメラのマッサージオイルをサロンに導入。すると、スタッフの手荒れが驚くほど改善したという。

このエピソードがキッカケとなり「手荒れを起こすようなオイルをお客様に使用するのが怖い」と感じ、本格的にタナメラのオイルを導入した。

会の後半では、タナメラ製品を使用したデモンストレーションを披露。ハイビスカスのパックやココナッツオイルなどモデルの肌に合わせた粧材をセレクトし、顔の細かい筋肉に合わせ まるで太極拳のように全身を使う力強くしなやかな舟津さんの技術に、参加者全員が魅了された。

現在ビヨンクールでは、販売代理店となるサロンを募集中。個人サロンでも販売しやすいよう、各サロン専用のQRコードを使用して製品を販売し、お客様への発送はビヨンクールが行なうという、在庫を抱える必要が無くバックマージンのみがサロンに支払われるビジネスモデルを採用。販売数や収支などは専用のアプリを使用することで、簡単に管理することができる。なお、エステティックサロンへの窓口は、株式会社美vaceが担当する。

●関連サイト
TANAMERA 公式ホームページ(日本)
https://tanamera.jp/
美Vace ホームページ
http://vivace-uehara.com/

次の記事を読む