エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

2021年技能五輪に向け「合同トレーニング」を開始

一般社団法人日本エステティック協会(東京都千代田区、理事長 久米健市)は、2021年9月に中国上海にて開催される『第46回 技能五輪国際大会』に向け、2020年8月17日より「合同トレーニング」を開始した。

技能五輪国際大会(正式名称:国際技能競技大会(WorldSkills Competition))とは、エステティック以外にもITやメカトロニクスなど様々な職種の技術者が、各部門ごとに国を超えて技能を競う。

今回の「合同トレーニング」は、 昨年協会主催で開催されたエステティックコンテストの入賞者5名を中心に技能五輪国際大会日本代表として必要な技術力を高めるために行なわれ、今後もリモートトレーニングを含めて実施予定。代表候補5名は、2020年12月26日・27日に開催される「技能五輪国際大会・中国上海大会代表者選考会」に他の出場者とともに出場し、最終選考に挑む。

<技能五輪代表選考会までのスケジュール>

・1次選考(書類):2020年9月30日(水)
・2次選考(技術):2020年12月6日(日)
・最終選考(技術・面接):2020年12月26日(土)・27日(日)
※最終結果は、12月末ごろ決定

●関連サイト
一般社団法人日本エステティック協会 ホームページ
https://ajesthe.jp/
技能五輪国際大会 ホームページ
https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/kokusai/

次の記事を読む