エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

美容に掛けるお金、1位は愛知県

株式会社リクルートライフスタイル(東京都千代田区、代表取締役社長 淺野健)の美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」は、全国の20~39歳女性6,903人を対象に、過去1年間の美容サロン(美容室、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロン、アイビューティーサロン)利用における美容意識・実態を都道府県別に調査、その結果を発表した。

まずは、美容サロン※にかける3ヶ月あたりの総額を調査。全国TOP10を出した結果、1位は愛知県で8,055円、2位は神奈川県で7,819円、3位は愛媛県で7,785円となった(全国平均は6,088円)。

また、愛知県は「エステティックサロン(フェイシャル)」「美容室」の利用率も全国1位。愛知県の利用金額が多い理由として、美容室・エステティックと複数の美容サロンを利用することが要因ではないかと分析している。

一方、ネイルサロンの利用率全国1位は東京都。金額ではTOP10圏外だった東京都だが「ハレの日だけでなく、日常使いにネイルファッションを取り込む女性が多いのでは」(「ホットペッパービューティーアカデミー」研究員 田中公子氏)とその理由を考察している。

また、痩身メニューに関しては、利用率1位が14.0%の滋賀県、次いで2位が東京都・北海道・福岡県が同率で11.3%。また、1回辺りの金額では、9,719円で富山県が1位。2位に石川県、3位に岐阜県がランクインした。一方、年間総額では108,843円の石川県が1位、2位に52,363円の山梨県、3位に43,111円の富山県という結果となった。

愛知県は、過去 「名古屋巻き」が流行するなど美意識が高いイメージがあり納得の1位だが、残念ながらサロンで働く人材の確保が難しいと言われている地域。利用者のニーズは高いが働き手が居ないという状況は、サロンとしてはもどかしいところだ。

今後、店舗展開を考えているサロンは、これらの数字を出店先選びの参考にしてみてはいかがだろう。

※美容サロン:美容室、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロン、アイビューティーサロン

調査概要
調査名:「都道府県別」20代・30代女性の美容意識・実態調査 調査手法:インターネットリサーチ
調査時期:2020年2月28日(金)~3月9日(月)
調査対象:全国の20~39歳の女性6,903人(各都道府県150人ずつの均等割付となるように、ウェイトバック集計を実施)

●関連サイト
ホットペッパービューティーアカデミー
http://hba.beauty.hotpepper.jp/

次の記事を読む