エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ミスパリ専門職大学の申請を取り下げ、2022年開校を目指す

学校法人ミスパリ学園(東京都中央区、理事長 下村朱美)は、エステティック業界初となる専門職大学「ビューティアンドウェルネス専門職大学(仮称)」の2021年4月の開校を目指し、文部科学省に設置認可申請をしていた。しかし、2020年8月5日、指摘事項の改善に一定の時間を要することから、本年の申請を取り下げたと発表した。

専門職大学とは、「我が国が今後も成長・発展を維持していくために必要な人材を養成していく」ことを目的に、2019年に新しくできた教育機関「大学種」。専門学校と大きく異なる点は、学士(専門職)という資格を取得できること。また、専門学校で学ぶ美容の専門知識に加え、一般教養や知識を学ぶことが可能となる。

同社は「2022年4月の開学を目指し、より魅力ある専門職大学の実現に向け開設準備を進めていく」としている。

●詳細掲載ページ
https://www.miss-paris.ac.jp/bwpu/news/22

次の記事を読む