エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

エスグラ『第11期方針発表会』を開催

一般社団法人エステティックグランプリ(東京都八王子市、理事長 大杉みどり、以下エスグラ)は、2020年7月16日(木)ZOOMにて『第11期方針発表会』を開催した。

方針発表会には、エスグラ実行委員をはじめサポーター企業、メディアなど71人が参加。
エスグラでは、本年6月9日に第10期グランプリファイナルの開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期に。延期は、3月上旬と早い段階で決定したが、サポーター企業をはじめ実行委員、出場エステティシャンなどエスグラに関わる全ての方の安全確保などを第一に考えた苦渋の決断だったという。そのため第11期方針も、通常より約2カ月早い発表となった。

第11期のテーマは10期から引き継ぎ「誇り」。来年3月・4月に各地区でエリアファイナルを開催しエリア優勝者を決定。グランプリファイナル大会は、2021年6月2日(水)にグランキューブ大阪にて開催する。

また、11期ではコンテスト以外にも
(1)オンライン勉強会の充実
(2)Youtubeチャンネル登録者数1000人(現在219人)
(3)エスグラアプリ会員数4000人(6月24日現在 通知対象者数2917人)
と、コロナをキッカケにアナログが多かったエステティック業界からオンライン化を進め、youtube委員会を設けるなどインターネットを利用した、エスグラならではの”横の繋がり”の良さを広めることを目指す。

これらのオンライン化に関して大杉理事長は「10期の開催が決まり、頑張っていくぞ!という時に新型コロナウイルスの感染拡大が起こりました。エステティックサロンもダメージを受け、私自身もエステティックは必要なのか?不要不急なのか?など色々と考える時間となりましたが、お客様が来て下さるのか当たり前じゃないことを改めて思い、ご来店いただくことが本当に嬉しかった」

「エスグラ実行委員会では、緊急事態宣言が出された後、ZOOMなどですぐに座談会を開き情報共有をすることができました。危機に直面した時、手を取り合って乗り切ってきたので、この輪を広げていきたいと思っています」と新たな時代への想いを伝えた。

●関連サイト
一般社団法人エステティックグランプリ
https://www.esgra.jp/

次の記事を読む