エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

恩返しの精神で支援を続けて42年挑戦する人へ富と幸を贈りたい

株式会社セントラル・コーポレーション
代表取締役 笹山 博史

【Profile】生理学博士。専門は生体電位を源とした生理活性研究や「ヒト幹細胞培養液」を配合した細胞増殖化粧品研究など。セミナーや講演内容に定評があり、毎回立ち見が出るほどの盛況ぶり。人に奉仕する心が豊かな人脈を引き寄せるその人柄に、美容業界だけでなくファッションなど他業界の第一人者からも注目が集まっている。

コロナ禍では自社開発の除菌ジェル5千本を寄付

世界を揺るがす事態となった昨年のコロナ禍では、化粧品のOEMメーカーである弊社としても微力ながら何かできることはないかと考え、除菌アルコールジェル5,000本を現場の最前線で闘う方々へ寄付する取り組みを行ないました。これは、医療従事者やエステティシャンからの「除菌製品の使用で手が荒れてしまう」という声がきっかけとなり、化粧品の研究者を要する弊社ならばアルコールを高濃度に配合しながらも手が荒れない製品の開発が可能と考え、開発・製造に至ったもの。保湿成分もバランスよく配合でき、使用された方からは「繰り返し使っても手が荒れない」との高評価をいただいています。

正直、5,000本は、弊社にとって決して少ないとは言えない量です。ですが、私自身これまで多くの方の支えがあって今があるという感謝の想いが強くあります。「受けた恩は未来へ返す」という「pay it forward(ペイフォワード)」の精神は片時も忘れたことがなく、今回のような恩返しができるタイミングに、できる限りのことをしたいという一心で寄付を決断しました。

挑戦する人の幸せのためにこれからも一生を捧げたい

弊社では化粧品の小ロット製造がまだ一般的でなかった約40年前から、小ロットのOEM製造を受注し、多くの起業家を支援してきました。製造原価20%以内で製品をつくる仕組みを整えており、10~20万円程の初期コストなので、洗濯機や冷蔵庫を買うぐらいの感覚で化粧品事業を開始することも可能です。100個程度であれば広告費を投じなくとも売り切ることができますから、取引先様にとって限りなくゼロに近いリスクの事業になると言っていいでしょう。

製品づくりで大切なのは「完全オリジナルの化粧品の販売元」になること。ネットなどの安売り競争に巻き込まれることなく、いかに付加価値の高い商品を自分のものとして販売できるかが成功するためのカギになります。弊社は高品質な原料を直輸入しているので、他社との差別化が図れる独自の成分を配合した化粧品の製造を実現できます。

とはいえ、どんな製品でも売れるというわけではありません。売れるためには適切な製品コンセプトや販売ツールのデザイン、購買心理学を研究した販売プランニングも重要です。こういったことも弊社が得意とするところ。できるだけ多くの方に「成功する発売元」となっていただけるよう支援を惜しみません。

実際、コロナ禍でも自社ブランドを持っていた取引先サロン様は、施術の売り上げに頼らずともネットでの物販により売り上げを保つことができたと聞いています。さらに、昨年は経営に苦しむ他業界の方からもOEMの相談が殺到。化粧品は人を美しく幸せにするものであり、夢があり、必需品であり、リピートが期待できる商材。これからの時代にこれほど適した商材はほかにないと改めて確信した次第です。

弊社が目指しているのは、人に「富」と「幸」を与えること。コロナ禍でこれまで以上に人を幸せにしたいという想いが強くなり、夢に向かってチャレンジすをさらに後押したいと考えるようになりました。そこで現在、この厳しい状況下で立を希望する方のために、新規OEM製造にかかる予算の半額を弊社で負担するといった取り組みを開始。昨年の時点ですでに100を超える企業様を支援しており、今年も引き続き取り組んでまいります。人助けという仕事は並大抵の努力で継続できるものではありませんが、「天国に行くための貯金」と思い、「一生をかけて人の幸せのために」取り組んでいきたいと思っています。

~COMPANY DATA~
株式会社セントラル・コーポレーション

「わずか100個でもOEM製造」のキャッチフレーズで知られる化粧品メーカー。1980年設立以来、エステティシャンのこだわりや若者の起業支援を続け、これまで3万件以上の相談実績を誇る。2011年には社会文化功労賞を授賞。ヒト幹細胞培養液やEGFの輸入元でもあり、さまざまな原料を世界中から調達している。

次の記事を読む