エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

変化を恐れず現状に固執しない大切なのは「血が通う」ということ

ベレガ株式会社 常務取締役
松谷 圭

【Profile】大学卒業後、大手エステサロンに入社。教育部に配属されるも営業力を評価され、トップカウンセラー、統轄マネージャーにまで登り詰めた経験を経て、ベレガ株式会社入社。現在はINFAスクール梅田校校長も兼務。中国をはじめとする海外でもゼミを開講し、多くの卒業生を独立開業させるなど、エステティック業界の発展に尽力する。

「確かなもの」はどんな状況でも確実に受け入れられる

昨年は、新型コロナウイルス感染症の流行という未曾有の事態に振り回されましたが、弊社は主力商品である『セルキュア4T PLUS 』のリニューアルを果たすなど、着々と事業を進めることができた1年でもありました。

リニューアル商品のリリースへと本格的に動き出したのは、緊急事態宣言下の5月でしたが、「おこもり美容」という認識が世間で広まったことで、新しい『セルキュア』を多くの方に手に取っていただける機会へとつながりました。リニューアルにおいては、かねてより研究していた新しい波形のチューニングを完成
させました。新『セルキュア』の波形は、個人の肌の特徴やそれぞれの年齢によって効果の出方が変わってきます。

数字で見る波形だけでなく、何パターンもチューニングして自分の肌で確認する。これをくり返し行なうことで、確実なパワーアップを図ることができました。実際に、手に取っていただいたヘアメイクアップアーティストや芸能関係者、取引先サロンの方々が率先してレコメンドしてくれたおかげで、売り上げは
昨年4月から上がり続けています。

店舗においては、昨年4月から地域によっては6月半ばまでクローズしていましたが、その間もお客様のお問い合わせには対応し、おもに店販品の販売に力を入れることで全店舗の目標売り上げを達成することができました。とくに4月に入社した新入社員は、さまざまなSNSを駆使し『セルキュア』の使い方の説明やビフォーアフターを自身で試すなど、毎日のように情報を発信してくれました。

その結果、お客様のダイレクトメールが増え、売り上げにつながることも。まだできることが限られている中「自分たちにできる何か」を必死に模索し、店舗マネージャーを中心に色々なことに挑戦してくれました。この試練をどうにかよい方向に転換し、売り上げに結び付けることができた、とてもいい機会でしたね。

変化を柔軟に受け入れベレガクオリティを届ける

今年は、2つの新商品も発表予定です。一つは、業務用のフェイシャルとボディの複合機器。コロナ禍において、やはりサロンはプロしか知らない美の知識を伝授する場であり、月1回のスペシャルケアをプロの手を通して求められているということも再認識したのです。弊社の謳う「エステ・ホーム・スタディ」とい
う3ステップの「エステ」部分をいっそう強化できる商品になる予定です。

もう一つは、頭皮ケアに特化した店販向けの製品です。ヘアメイクアップアーティストのお客様たちからの要望の声が多くあったこと、また、リモートワークやデジタル画面を見る機会の増加による頭の凝り、薄毛や白髪の悩みにお応えしたく、製品開発に着手しました。

弊社は海外での教育やスクール事業にも力を入れていますが、コロナ禍においては動きに制限があります。物が売れればよいという考えではなく、弊社が目指す技術とおもてなしを一緒に海外に運ぶべく、好調な中国、ベトナムに加え、アメリカやヨーロッパへの展開も視野に入れながらあせらず好機を見据えています。

また今後は、SNSやメディア関係を強化・充実させていきます。ベレガならではのお客様との接点、接し方をコアにし購入後のサポートやフォローを密にできる「血の通った」温かいオンライン事業をつくり上げていきたいと考えています。

未来に確実につなぐため、現状に固執するのではなく変化に柔軟に対応し、サロン事業をはじめとし、新商品も海外展開でも、絶対的な「ベレガクオリティ」を進化させていくことをお約束いたします。

~COMPANY DATA~
ベレガ株式会社

大手エステティックサロンのコンサルティング企業としてスタートし、2007年に直営店(大阪、東京、福岡の合計3店舗)の運営を開始。美顔器『セルキュア』の販売も行ない、2010年にメーカーとして本格始動。2016年には、エステティシャンの教育機関である「INFAスクール」を大阪梅田に開校。企業理念は“BE HAPPY”。関わるすべての人が幸せになることを目標としている。

次の記事を読む