エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

国内外でのブランディングをさらに強化世界ブランドとしての礎を築く一年に

株式会社ARTISTIC&CO.
代表取締役 近藤 英樹

【Profile】世界のトップ美容プロダクトメーカーを目指し、抜群の製品クオリティとデザイン性の高い美容機器を次々に発表。開発・製造・PRのすべてにおいてインパクトを与え続けている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会正会員、韓国美容外科医学会正会員、アジアアンチエイジング美容協会(4A)代表理事。

「今だからできる」施策で認知度&信頼度の向上へ

近年は海外、特に中国・アジアでのBtoCへの展開に力を入れていましたが、昨年はコロナ禍により、現地を訪れてのPR活動はすべてストップせざるを得ない状況に。そこで、まず取り掛かったのが、オンラインを活用した営業・販売環境の整備。まず本社と現地の旗艦店とをオンラインでつないでミーティングを重ね、さらにこれまで頻繁に行なっていた現地デパートや展示会での商品PRをすべてライブコマースへと切り替えることにしたのです。

最初は不安もありましたが、実際に開始してみると、「自宅にいながら商品を検討・購入できる」という利便性の高さもあって、予想以上の売り上げを計上。おかげさまで11月11日の「独身の日」に行なわれたネット通販最大手のアリババグループによる大規模セールでも、前年を大きく上回る売り上げを達成することができました。

また同時に、今まで手つかずの状態となっていた日本国内でのBtoCにも本格着手。9月には女優の観月ありさ氏とアンバサダー契約を結び、一般のお客様に向けたブランドアピールもよりしやすい環境を整えました。

海外でのBtoCが大きく伸びていたとしても、やはり弊社の原点は「対エステティックサロン」。創業以来、サロン様と向き合い、商品をお届けし、応援していただいたからこそ今があります。だからこそ絶対にこの関係・絆は大切に守っていかなくてはいけないと考えています。今回、このコロナ禍の中で国内のBtoCに目を向けようと思ったのも、ブランドとしての認知度・信頼度を高めることで、取引先サロン様が「説明しなくても売れる」という状態をつくりたいと思ったからです。

サロン様が「本当にいい商品だよ」と、軽く背中を押すだけで購買意欲が湧く――そんな魅力を持つブランドへと成長させることが、弊社の今後の課題であり、使命だと思っているのです。

圧倒的な技術力と品質で世界で愛されるブランドへ

来年は、可能であれば海外にも行きたいと思っています。それと同時に、国内に向けた取り組みもさらに充実させていくつもりです。年明け早々の1月には、東京・銀座にある商業施設『GINZA SIX』内への直営店の出店が決まっており、認知度やブランドイメージの向上へとつながるのではないかと期待しています。また、日本ではまだあまり浸透していませんが、ライブコマースにもさらに挑戦していきたいですし、24時間ライブ配信など、話題となるような企画をどんどん実現させたいです。

私はこの会社を、長く続く強い会社にしたいと思っています。そのためには売り上げを上げることよりも「安定してよい商品をつくり出す」ことが重要と考えています。昨年9月に完成した新社屋内に生産ラインを入れたのも、自身の管理のもとで安全で結果の出るアイテムをつくりたいという想いから。ブランドの価
値を守るためには、「製品の内部はすべて特許技術」というくらいの技術を駆使し、ほかの国の技術ではまね(コピー)できないようなものをつくることが大切。

今も5、6機種ほどの新商品を手掛けていますが、世に出すからには最高かつ、「えっ?」と驚くような製品にしたいと考えていますので、発表を楽しみにお待ちいただければと思います。

創業から13年、会社は大きくなりましたが、人は変わったわけではありません。エステティック業界にはまだまだ可能性があると思っていますし、今後も皆様と変わらぬお付き合いをさせていただきながら、業界を盛り上げていきたいですね。

~COMPANY DATA~
株式会社ARTISTIC&CO.

美容機器や化粧品、および美容関連商材の製造と販売、OEM/PBの製品開発、エステティックサロンの総合プロデュースなどを幅広く手掛ける。毎年『Dr.Arrivo ZeusⅡ(ドクターアリーヴォ ゼウスⅡ )』や『M i s s A r r i v o T HEWRAITH(ミスアリーヴォ ザ レイス)』などに代表される安心・安全・高品質な美容機器を多数リリース、国内だけでなく海外からも高い支持を集めている。

次の記事を読む