エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

ブライダルエステで危害発生!

-施術を受ける際には、時間的な余裕を持って

いわゆるブライダルエステ(注1)の相談のうち危害・危険に関する相談は年々増加しており、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には2006年度から2011年度までに合計145件(2011年6月30日までの登録分)入力されている。

結婚式は一生に幾度とない晴れの舞台であることから、単にエステティックサービスで危害を受けた相談に比して相談者の不安や不満は強いことが伺える。そこで、ブライダルエステの危害に関する相談の傾向や内容を分析し、トラブルの未然防止のために施術を受ける際の注意等を消費者に情報提供する。

(注1)エステティックサービスには主に美顔サービス(フェイシャルエステ)、痩身サービス、脱毛サービス等があるが、ブライダルエステとはこれらのサービスを組み合わせて、あらかじめ決められた日までに提供されるものである

●詳細掲載ページ
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110707_1.html

次の記事を読む