エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

自宅で完結?手軽に痩せられる?痩身をうたうオンライン美容医療にご注意!

~糖尿病治療薬を痩身目的で消費者に自己注射させるケースがみられます~

全国の消費生活センター等には、美容医療をオンライン診療で行うクリニックに関する相談が2017年頃から寄せられており、近年増加しています。これらの相談では痩身目的の治療について、オンライン上で初診、薬剤の処方やその後の継続的な診療が行われています。また、国内では2型糖尿病治療薬として承認されているGLP-1受容体作動薬を痩身目的で消費者に自己注射させるケースがみられます。

相談内容を見ると対面診療での美容医療サービスに関する相談と同様、クリニックのウェブサイトの広告や説明内容等に問題があるケースや、解約・返金等のトラブルになったケースに加え、「冷蔵保存する必要のある薬剤が常温で海外から届いた」など薬剤の処方、管理等に問題があるケースや、「副作用が出たためクリニックに相談したが、医師の対応がない」など副作用等が出た場合の対応が不十分なケースもみられます。

●詳細掲載サイト
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200903_1.html

次の記事を読む