エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

脱毛エステにご注意!

1997年8月1日:国民生活センター公表

エステティックサービスで身体に危害を受けたという苦情はエステトラブルが社会問題化した92年度をピークとしていったん減少したが、95年度以降また増加の傾向にある。なかでも増加割合が高いのが脱毛エステティックサービス(以下脱毛エステ)で、被害も重症になりがちである。脱毛エステは夏にかけてニーズが高まる。そこで、脱毛エステによる危害の実態をまとめた。

1990年4月以降に全国の消費生活センターに寄せられた脱毛エステに関する危害情報は 735件である(97年7月21日までの入力分)。年度別件数をみると、92年度の 159件をピークに数年間減少傾向が続き、95年度には75件にまで減少したが、96年度になって 129件(前年度比172%)と急増した。

被害者の性別がわかっている 603件の内訳は、女性 579件(96.0%)、男性24件(4%)で圧倒的に女性が多い。年齢がわかっている 597件中、20歳代が女性(478件)、男性(15件)ともトップで、性別不明分もあわせると 493件(82.6%)と大半を占める。次いで30歳代66件(11.1%)、10歳代22件(3.7%)と続くが、50歳代も1件ある。

●関連サイト
http://www.kokusen.go.jp/

次の記事を読む